日テレNEWS
スポーツ
2022年3月27日 19:08

西郷真央が初Vから3週間で2勝目 師匠・ジャンボ尾崎へ「胸を張って報告できるので良かった」

西郷真央が初Vから3週間で2勝目 師匠・ジャンボ尾崎へ「胸を張って報告できるので良かった」
ツアー2勝目をあげた西郷真央選手 (写真:日刊スポーツ/アフロ)

◇ゴルフ国内女子ツアー アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2022 最終日(27日、宮崎市)

今シーズンの国内女子ゴルフ第4戦、アクサレディスゴルフで20歳の西郷真央選手がツアー2勝目をあげました。

第2日が悪天候のため中止となり、36ホールストロークプレーへ短縮された今大会。

首位と2打差の3位タイからスタートした西郷選手。前半2つスコアを伸ばすと、後半もスコアを2つ伸ばし通算9アンダー。逆転で2勝目をつかみ取りました。

西郷選手は、今月6日の「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」でツアー初優勝。わずか3週間後に2勝目を飾りました。

西郷選手は「2勝目がすごい難しいと言われている中で、早めに挙げることができてすごくホッとしています」と率直な思いを口にしました。

また師匠である「ジャンボ尾崎」こと尾崎将司さん(75)には、初優勝の時にあいさつにいけていないことを明かし、「あいさつに行く前に2勝目を挙げたので、2勝することができましたと報告するつもり。去年までは背中の丸まったような報告の仕方になっていたので、しっかり胸を張って、報告できるので良かった」と、うれしい報告ができることを喜んでいました。