×

【阪神】OB赤星憲広が臨時コーチとして明かす走塁の持論 久々の現場に「体力が…」

2024年2月4日 7:37
【阪神】OB赤星憲広が臨時コーチとして明かす走塁の持論 久々の現場に「体力が…」
岡田彰布監督と選手を見つめる阪神OB・赤星憲広さん
プロ野球阪神タイガーズのOB・赤星憲広さんが3日、沖縄・宜野座キャンプに臨時コーチとして参加しました。

練習後、取材に応じた赤星さんは後輩たちの姿に、「日本一になった自信を感じましたし、練習の雰囲気もいいなと感じました」と感銘を受けた様子。続けて、「正直僕が何を教えてあげられるかといったら、そんなたいしたことはないと思っていました。限られた中でちょっとでも、彼らの引き出しを1個でも増やしてあげられたらなと思ってやってました」と練習を振り返りました。

この日2~3塁へのベースランニングの練習ではノッカーをつけ、実際に打球を確認した上で走塁を実施。

「バッティングでいったら結構打ち込んだりだとか、守備でいったら基本のゴロ捕球をしたりとかあると思う。これは僕の勝手な持論なんですけど、盗塁と走塁って実践の中じゃないとなかなかうまくならないと思っているんです」と走塁に対する持論を展開。

また自らの経験から、「なかなか連覇っていうのが阪神タイガースにはないですから。今の選手たちにはそれだけの力があると思いますし、なによりも日本一というのを経験したことによって誰でも経験できることではないので、僕は間違いなく連覇はしてくれるだろうなって確信はもっています」と、チームの連覇へ期待感を込めました。

1日選手に熱血指導した赤星さんは「ただ体力がぼくのそこの問題がありまして、ちょっと明日からだが動くかどうかが、心配なんですけど」と話し、久々の現場に疲労した様子。

「明日の方がこれからの選手というかまだまだ技術的には1軍の選手たちには届いていない選手たちのところにいくので、明日のほうが教え甲斐があると思います」と後輩への愛を明かしました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【阪神】OB赤星憲広が臨時コーチとして明かす走塁の持論 久々の現場に「体力が…」