日テレNEWS
スポーツ
2022年4月16日 19:55

待望の本拠地・初勝利!DeNA上茶谷がわずか91球で完封勝利も「次回はスタミナを」と反省の弁

待望の本拠地・初勝利!DeNA上茶谷がわずか91球で完封勝利も「次回はスタミナを」と反省の弁
9回91球無四球と圧巻の内容で完封勝利を飾ったDeNA上茶谷大河投手

◇プロ野球セ・リーグ DeNA6ー0ヤクルト(16日、横浜スタジアム)

3連敗中のDeNAは本拠地・横浜スタジアムでヤクルトと対戦。6ー0で勝利し、今シーズン待望の本拠地初勝利を飾りました。

初回に4番・ソト選手、3回に5番・宮崎敏郎選手がホームランを放ち序盤で4点のリードを奪ったDeNA。

投げては先発・上茶谷大河投手が打たせて取るピッチングでヤクルト打線に3塁を踏ませず、わずか5安打に抑える好投。9回無四球で完封勝利、わずか91球で抑え“マダックス(100球未満での完封勝利)”達成となりました。

2年ぶりの完封勝利となった上茶谷投手は、「後半ほとんどジャストミートされていたんですけど野手の方に守っていただいたおかげなので、次回は後半バテないようにしたい」と反省の弁。

それでもファンへ向け、「熱い声援いただきありがとうございます。またここから“全勝”する気持ちでいくので応援よろしくお願いします」と、力強く話しました。

三浦大輔監督は、「開幕ローテーションを外れたけど、練習で工夫してやることをやって見失わずやっていた。(この試合)連敗を止めるナイスピッチングだったと思います」とたたえました。