×

【阪神】二夜連続逆転勝利で対巨人甲子園6連勝 首位陥落回避にファンから「甲子園のラッキーセブンは特別」

2023年7月26日 22:05
【阪神】二夜連続逆転勝利で対巨人甲子園6連勝 首位陥落回避にファンから「甲子園のラッキーセブンは特別」
阪神・岡田彰布監督
プロ野球セ・リーグ 阪神8-5巨人(26日、甲子園球場)

阪神は二夜連続となる逆転勝利で対巨人甲子園6連勝、首位陥落を回避しました。

2位・広島にゲーム差『0』に迫られている首位・阪神。

2回、巨人先発のグリフィン投手から4番大山悠輔選手が四球を選び出塁すると、5番・佐藤輝明選手がライト前に運び、ノーアウト1塁3塁のチャンスを作ります。つづく6番ノイジー選手がライトへ2点タイムリーツーベースヒットを放つなど、阪神がこの回3点を先制します。

阪神の先発・大竹耕太郎投手は5回まで無失点に抑えるも、6回に梶谷隆幸選手、岡本和真選手、長野久義選手にタイムリーを許し、一挙5失点で逆転を許し、6回途中で降板となります。

それでも阪神は6回に1点を返すと、7回にも4番手・菊地大稀投手を攻め立て1アウト1塁2塁のチャンスを作ります。その後、代わってマウンドに上がった高梨雄平投手から佐藤選手がタイムリーヒットを放ち同点とすると、坂本誠志郎選手が犠牲フライを放ち、勝ち越しに成功。

さらに小幡竜平選手が2点タイムリーを放ち“ラッキーセブン”の7回に4得点を奪った阪神が巨人に二夜連続となる逆転勝利。首位をキープしました。

SNSではファンから「ラッキーセブンがちゃんとラッキーセブン」「甲子園のラッキーセブン、7回裏って特別なんよ」との声が上がっています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【阪神】二夜連続逆転勝利で対巨人甲子園6連勝 首位陥落回避にファンから「甲子園のラッキーセブンは特別」