日テレNEWS
スポーツ
2022年7月7日 21:17

巨人3番手・桜井俊貴 1回0/3で4失点 チームは3連勝狙うも4投手で8回10失点

巨人3番手・桜井俊貴 1回0/3で4失点 チームは3連勝狙うも4投手で8回10失点
4点を失い厳しい表情でマウンドを降りる巨人・桜井俊貴投手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人-ヤクルト(7日、東京ドーム)

巨人は、3番手の桜井俊貴投手が粘りをみせられませんでした。

先発投手の乱調もあり、6回表から3番手として登板した桜井投手ですが、序盤から制球が定まりません。

6回1アウトから、四球2つとヒットで満塁とすると、続く4番・村上宗隆選手にも四球を与え、押し出し。さらに続く打者の一ゴロの間にも点を与えて、この回2失点。

また次のイニングにも、連打を浴びてあっという間に2点を失うと、ここで降板となりました。

巨人は8回までに4人の投手で計10失点。首位ヤクルト相手に3連勝を狙った一戦でしたが、厳しい戦いとなりました。