日テレNEWS
スポーツ
2022年4月26日 21:42

一打サヨナラのチャンスで“代打・清宮幸太郎” オリックス比嘉幹貴の“全球内角に見逃し三振”

一打サヨナラのチャンスで“代打・清宮幸太郎” オリックス比嘉幹貴の“全球内角に見逃し三振”
日本ハム・清宮幸太郎選手(左)、オリックス・比嘉幹貴投手(右)

◇プロ野球パ・リーグ オリックス3-2日本ハム(26日、東京ドーム)

日本ハムは2-2の同点で迎えた9回、2アウト2塁と一打サヨナラのチャンスを作ります。

ここで新庄剛志BIGBOSSに代打で送り出されたのは清宮幸太郎選手。そしてオリックスも比嘉幹貴投手に交代します。

清宮選手に対し、比嘉投手はシンカーとストレートを4球連続で内角へ。カウントは2ボール2ストライクとなります。

迎えた5球目、清宮選手は内角への厳しい比嘉投手のストレートに手が出せず、見逃し三振。サヨナラの一打は生まれませんでした。

5球すべてインコースと思い切った投球を見せた比嘉投手。特に5球目の球に、SNSでは「しびれた」「鳥肌立つくらいすごい球」「これだけでビール3杯は飲める」と賞賛の声が上がっています。