日テレNEWS
スポーツ
2022年5月29日 14:31

「どうした?」柳裕也まさかの2球連続暴投 最後は自らの野選で失点 今季最短2回1/3でKO

「どうした?」柳裕也まさかの2球連続暴投 最後は自らの野選で失点 今季最短2回1/3でKO
中日・柳裕也投手が2球連続暴投から失点

プロ野球セ・パ交流戦 オリックス-中日(29日、京セラドーム)

中日・柳裕也投手が2回、自らの暴投からピンチを広げてしまいます。

1アウト1塁の場面で柳投手はスライダーを選択。しかしベース上でワンバウンド、木下拓哉捕手が取れず2塁にランナーを進めてしまいます。

さらに続くボールでもスライダーを投げると、またしても同じような軌道でキャッチャーの前でワンバウンド。まさかの2球連続暴投でランナーは3塁に。

すると続くオリックス・伏見寅威選手の当たりはピッチャーゴロ。しかし柳投手がホームへのグラブトスするもアウトにすることはできず、失点しました。

続く太田椋選手にもタイムリー2ベースを打たれ、柳投手は2回までに3失点を許しました。

SNSでは「どうした?」「珍しいこともあるんだな」と、柳投手のコントロールについて心配する声が上がりました。

また柳投手はこの試合の初回にスライダーで今季初の死球。また3回にも捕まり、今季最短の2回1/3を投げ5失点で降板。柳投手は「相手と戦うよりも、自分との戦いになってしまいました…」とコメントしています。