×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 2死ランナーなしから3連打で勝ち越し「これドラゴンズでええんやな?」ファンも驚き

2死ランナーなしから3連打で勝ち越し「これドラゴンズでええんやな?」ファンも驚き

2022年7月14日 19:23
2死ランナーなしから3連打で勝ち越し「これドラゴンズでええんやな?」ファンも驚き
中日・大島洋平選手(左)、岡林勇希選手(中央)、木下拓哉選手(右)
◇プロ野球セ・リーグ 中日-ヤクルト(14日、バンテリンドーム)

同点で迎えた3回、中日は、2アウトランナーなしの状態から3連打などで勝ち越しに成功しました。

この回、8番・溝脇隼人選手から攻撃の中日でしたが、簡単に2アウトとしてしまいます。

しかし、打順は1番の大島洋平選手に戻ると、ヤクルトの先発・小川泰弘投手からレフト前に打ち返すと、2番・岡林勇希選手もヒットを放ち2アウト1・2塁とチャンスを広げます。

ここで打席には、初回に同点の犠牲フライを打っている3番・木下拓哉選手。

こちらもレフト前にはじき返しタイムリー。3連打で1点を奪い、勝ち越しに成功しました。

これにはファンは「これドラゴンズでええんやな?」「中日ドラゴンズつよいやきゅうしてる」「よ、よよよすぎ~」など驚きの声があがっています。