×

「得点が遠いなあ…」中日打線“ノーアウト満塁”の好機も『死球押し出し』の1点止まり

2022年7月13日 20:37
「得点が遠いなあ…」中日打線“ノーアウト満塁”の好機も『死球押し出し』の1点止まり
追加点の好機で空振り三振に倒れた中日・A.マルティネス選手
プロ野球セ・リーグ 中日-ヤクルト(13日、バンテリンドーム)

4回までヤクルト・高橋奎二投手にパーフェクト投球を許していた中日打線。

しかし6回、先頭打者の溝脇隼人選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く代打の石垣雅海選手、大島洋平選手が連続でライト前ヒットを放ち、ノーアウト満塁の絶好のチャンスをつくります。

この場面で打席には岡林勇希選手。4回に自身のエラーからヤクルトの追加点を許し、挽回したいところでしたが、空振り三振に倒れます。

その後2アウト満塁でビシエド選手が打席へ入ります。ここでデッドボールで、押し出しで中日が1点を奪います。しかし続くA.マルティネス選手が空振り三振を喫し、中日は追加点のチャンスを生かすことができませんでした。

満塁のチャンスをつくるも1点止まりとなった中日打線に、SNS上ではファンから「得点が遠いなあ…」「頼む打線起きてくれ」など奮起を促す声が上がっています。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「得点が遠いなあ…」中日打線“ノーアウト満塁”の好機も『死球押し出し』の1点止まり