日テレNEWS
スポーツ
2022年7月8日 22:24

延長11回 巨人重信慎之介が3塁狙うもアウト サヨナラの好機逃す

延長11回 巨人重信慎之介が3塁狙うもアウト サヨナラの好機逃す
延長11回、3塁を狙うもアウトになった巨人・重信慎之介選手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人-DeNA(8日、東京ドーム)

延長11回、巨人はサヨナラ勝ちのチャンスを逃しました。

1-1で迎えた延長11回、DeNAに2点を勝ち越された巨人はその裏、代打・ポランコ選手の2ランホームランで3-3の同点に追いつきます。

その後も2アウト2塁と長打が出ればサヨナラの場面。打席には中山礼都選手が入ります。その4球目、DeNA・入江大生投手が投じたワンバウンドのフォークをキャッチャーの嶺井博希選手がこぼします。

これを見た2塁ランナーの重信慎之介選手が3塁を落とし入れようとしますが、嶺井選手がすぐさま送球。重信選手はヘッドスライディングを試みますが判定はアウト。

巨人が延長11回、サヨナラのチャンスを逃しました。