×
  • NIB NEWS NNN
  • 郡市対抗県下一周駅伝 コロナ禍以降 4年ぶりの開催で70回の歴史に幕《長崎》

郡市対抗県下一周駅伝 コロナ禍以降 4年ぶりの開催で70回の歴史に幕《長崎》

2024年1月26日 12:06
郡市対抗県下一周駅伝 コロナ禍以降 4年ぶりの開催で70回の歴史に幕《長崎》

今大会が最後となる郡市対抗県下一周駅伝が26日朝、長崎市をスタートしました。

コロナ禍以降4年ぶりの開催で、今年がラストレースとなる第70回の県下一周駅伝。

午前9時半、1区のランナー11人が号砲を合図に、長崎市茂里町をスタートしました。

小学生から一般までの郡市の代表ランナーが、ふるさとの誇りを胸にタスキをつなぐ県下一周駅伝。
26日から3日間にわたり42区間、407.3キロで健脚を競い合います。

第2中継所の通過順位は、五島がトップとなっています。