×

早くもクリスマスムード “地元ならでは”のクリスマスツリーが点灯 妖怪などを飾り付け 鳥取県境港市

2023年11月21日 17:42
早くもクリスマスムード “地元ならでは”のクリスマスツリーが点灯 妖怪などを飾り付け 鳥取県境港市

早くもクリスマスムードが高まります。11月21日、鳥取県境港市で、地元ならではのクリスマスツリーが点灯しました。

子どもたちが飾り付けているのは、鬼太郎や魚たち。鳥取県境港市出身の漫画家水木しげるさんの作品に出てくる妖怪などが次々とクリスマスツリーに飾られていきます。11月21日は、このツリーを飾り付けた小学生などによって、点灯式が行われました。

境地区の社会福祉協議会と境小学校が、交流を通じて地域が盛り上がればと企画したもので、今年で2回目になります。クリスマスツリーは高さ3.5メートルと2.4メートルのものが設置され、妖怪のほか、境港で水揚げされたカニやマグロなど境港市ならではのユニークな飾りがツリーを彩りました。

参加者
「みんなが頑張って作ったから、きれいなクリスマスツリーができたかなと思います」

参加者
「境港といえば、鬼太郎があるから妖怪もいるし、魚も獲れるし一番うまいのはマグロだし。
だから境港に住んでていいなと思いました」

クリスマスツリーは、鳥取県境港市のみなとテラスに12月26日まで設置され午前9時から午後10時まで点灯しています。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 早くもクリスマスムード “地元ならでは”のクリスマスツリーが点灯 妖怪などを飾り付け 鳥取県境港市