×

「自分の歌でエールが届けられたら」 選抜高校野球大会で国歌独唱するのは松江市の高校生 高校最後の大舞台で全国の高校球児にエールを届ける 島根県松江市

2024年3月15日 17:36
「自分の歌でエールが届けられたら」 選抜高校野球大会で国歌独唱するのは松江市の高校生 高校最後の大舞台で全国の高校球児にエールを届ける 島根県松江市

3月18日に始まる春の選抜高校野球大会。開会式で国歌独唱を任されるのは、島根県松江市の高校に通う女子高生です。

松江北高校3年 門脇早紀さん
「今自分にできる最大限の私の国歌を、届けられたらいいなと思っています」

大会を前に会見で意気込みを話したのは、松江北高校3年の門脇早紀さん(18)です。門脇さんは去年11月、神奈川県横浜市で開催された全日本学生音楽コンクールの声楽部門・高校生の部で見事優勝。その副賞として18日から甲子園球場で開幕する春の選抜高校野球大会で「君が代」の独唱を任されることとなりました。

松江北高校3年 門脇早紀さん
「舞台で歌う時とかコンクールの時とか全然緊張しないんですけど、今回はちょっと想像しただけで緊張します」

高校球児の夢の舞台。その最初を飾るのが門脇さんの歌声です。門脇さんが歌を習いだしたのは5歳のころ。兄がピアノを習っていたこともあり、小さいころから音楽は身近なものでした。

松江北高校3年 門脇早紀さん
「言葉をしゃべれない時から歌っていたみたいで、とにかく歌いながら踊ったりすることがすごく楽しくて」

中学1年生のころオペラの舞台を鑑賞し、ソプラノ歌手を志すように。そして去年、前年準優勝という結果に終わった、「全日本学生音楽コンクール」でリベンジを果たし、全国1位に。甲子園に立つ切符を手にしました。

松江北高校3年 門脇早紀さん
「友達に伝えたら、絶対テレビで見るよ って行ってくれたり、実際に球場に来てくれる友達もいるみたいでうれしいです。球児の人たちは命がけで来てる舞台だと思うので、自分の歌でエールが届けられたらいいなと思います」

この春から東京芸術大学への進学が決まっている門脇さん。松江北高校の制服を着て立つ最後の大舞台で、全国の球児に歌でエールを送ります。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 「自分の歌でエールが届けられたら」 選抜高校野球大会で国歌独唱するのは松江市の高校生 高校最後の大舞台で全国の高校球児にエールを届ける 島根県松江市