×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 【インタビュー】今井翼 表現者としてhideさんに共感「ファンが求めていること以上のものを…」

【インタビュー】今井翼 表現者としてhideさんに共感「ファンが求めていること以上のものを…」

2022年7月14日 23:21
【インタビュー】今井翼 表現者としてhideさんに共感「ファンが求めていること以上のものを…」
映画に初主演の今井翼さんにインタビュー
現在公開中の映画『TELL ME ~hideと見た景色~』で初主演となった、俳優の今井翼さん(40)にインタビュー。この作品でX JAPANのギタリストでソロでも活躍した、hideさんの“実の弟”という難しい役に挑んだ今井さんに作品を通して学んだことやhideさんに対する思いなどを伺いました。

1998年、33歳の若さでこの世を去ったhideさん。映画では突然、hideさんを失ったバンドメンバーやスタッフたちが主役不在のままライブをやるのか、CDを出すのかなど、苦悩と葛藤が描かれ、今井さんはhideさんの実の弟でマネジャーも務めた裕士さんを演じました。

■今井「しっかりとした意志を持って務めたい」

――映画出演の話を聞いた時の心境は?

もともと(hideさんの)ファンだったし、とても光栄なことで、裕士さんを演じるということに関しては、自分なりにしっかりとした意志を持って務めたいなと思いましたね。

――hideさんに関する映画が初主演作になったことについて

僕は小学校の時に初めてロックバンドに出会ったのがX JAPANで、今でも車の中でX JAPANを聴いたりとか、hideさんの楽曲を聴いたりもするぐらい、すごく好きなんですけど、まさか自分が子供の頃好きだったバンドであり、そのバンドにいたhideさんの作品に携われるとは思ってもみなかったので、ありがたいなと思いましたね。

――演じる上で気をつけたことは?

派手なことというより、人間の心の通った時間というものを大切にしたいからこそ、全体的に色をつけていくというより、描かれていることを大切にしました。かつ、裕士さんがその都度思う気持ちというのを自分も似たようなことで思ったことをつまみ出しながら、とにかく丁寧に演じさせていただきました。

――撮影を振り返り、感じたことは?

hideさんが残したものを大切に守り抜くという、それがこの作品の核となっているので、だから、裕士さんがいろんな人に助けられたように、僕自身も演じる中で結構悩んだり、わからなくなってしまうこともあったりしたんですよね。この作品の内容のように、僕自身も今回、役者としてありがたくも主演として現場に立つ中で、むしろ周りの方々に支えられて、なんとか歩み抜くことができたんだと思っていますね。

■今井「すごくhideさんを近くに感じた」

――今井さんが思うhideさんの魅力は?

表現者としてという部分で感じることは、ストイックであり、かつファンが求めていること以上のものを提供する。その思いっていうのは、すごく僕も表現者として大事にしていることなんです。hideという絶対的存在なんですけど、それを塗り替えてはファンを楽しませるというところが、またひとつの魅力だなと思いますね。

――作品を通して学んだことは?

最終的に仕上がったものを見た時に、すごくhideさんを近くに感じたんですよね。存在、音楽というものだけではなくて、hideさんの“思いやり”とか、“思想”ということを通して、見ている人たちが、元気が出たり、勇気がわいたり、自信が持てたりということを一つの音楽を通して、人の心に与えたのは本当に素晴らしいと思いますね。