×

草彅剛「2人にいつも言うんですよね、ありがとうって」 共演者への感謝、撮影の裏側を明かす

2024年5月17日 21:50
草彅剛「2人にいつも言うんですよね、ありがとうって」 共演者への感謝、撮影の裏側を明かす
『碁盤斬り』舞台挨拶に登壇した草彅剛さん
草彅剛さん(49)が、17日に六本木で行われた映画『碁盤斬り』公開初日舞台挨拶に登壇し、撮影の舞台裏を明かしました。

本イベントには草彅さんの他に、清原果耶さん(22)、中川大志さん(25)、市村正親さん(75)、國村隼さん(68)、白石和彌監督が登壇しました。

本映画は、ある『冤罪(えんざい)』によって娘と引き裂かれた男が武士として誇りを賭け、『復讐(ふくしゅう)』に向かい、囲碁を武器に鬼気迫る死闘を描いた作品です。草彅さんは、主人公の柳田格之進を演じます。

本作は囲碁がテーマになっているという話題の中、草彅さんは「僕、囲碁のルール分からないんですけど、分からなくても楽しめます」と意外な事実を明かしました。

さらには、映画撮影にあたり実際に囲碁の先生から説明があったそうですが、草彅さんは「囲碁の先生が教えに来てくれたんですけど、僕、囲碁のルール(知らなくても)大丈夫だったから、しょぼんとしちゃって、『機嫌損ねちゃったな~』って思ってたら、(清原さんと中川さんの)2人が食いついてくれたんで、『助かった~』と思ったんです。急に先生ニコニコし始めて、それでほんと、2人にいつも言うんですけど『ありがとう』って」と共演者への感謝を語りました。

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 草彅剛「2人にいつも言うんですよね、ありがとうって」 共演者への感謝、撮影の裏側を明かす