日テレNEWS
カルチャー
2019年6月2日 21:02

黒羽麻璃央、夢は映画のアジア進出!

黒羽麻璃央、夢は映画のアジア進出!
(c)NNN

映画「広告会社、男子寮のおかずくん」(7月12日公開、三原光尋監督)の完成披露舞台あいさつが2日、都内で行われキャストの黒羽麻璃央(25)、崎山つばさ(29)、小林且弥(37)、大山真志(29)らが登壇した。

オトクニさんの人気グルメ漫画が原作。広告会社の男子寮に住む仲良し男子4人組が仕事に奮闘しながら「家飯」に癒やしを求めるストーリー。

主人公の西尾和(通称おかずくん)役を演じた黒羽は「すごくチームワークの良い作品を作ることができた。ハードなスケジュールではあったんですけど、疲れた体を撮影の食事シーンで栄養を取るみたいな感じで、日々楽しくやらせていただきました」と撮影を回想。

今作は、神奈川・江の島が舞台だったが、黒羽は続編にも期待し、「次はアジア。アジアに出張する話(がいい)!料理があるとこはどこでも行けますから」と海外での撮影を目標に掲げ、「原作も続いていますし、可能性は無限大に広がる作品なので、これで終わりじゃなく、またこのメンバーで広がっていくっていうのは、夢のひとつです」と語った。