日テレNEWS
カルチャー
2019年10月3日 21:53

50周年・細野晴臣「あと10年はできる」

50周年・細野晴臣「あと10年はできる」
(c)NNN

ミュージシャンの細野晴臣(72)が3日、東京・六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー・スカイギャラリーで行われたデビュー50周年記念展「細野観光1969−2019」(4日〜)の内覧会に出席した。
 
1969年にロックバンド「エイプリル・フール」のベーシストとしてデビューし、フォークロックバンド「はっぴいえんど」、テクノポップユニット「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のメンバーとしても活躍した細野の50年の歩みを振り返る展覧会。珠玉のギター20本のほか、美術書や漫画などのコレクションも展示されている。

細野は「この高齢者のために、こんなことになって申し訳ない」と開催までこぎつけたスタッフや関係者の尽力に感謝。「でも、ありがたいことに本当にいろんなものが整然と並んでいて、圧倒されています。自分の中身がさらけ出された。こんなに自分が物を持っていると思わなかった」と語った。
 
細野が書き留めてきたアイデアノートや高校時代に描いていた漫画なども展示されており、「見るのに時間がかかると思うんですけど、ノート類にいっぱい書き込んであるんですね。たぶんマニアの方は全部読むんでしょうね」と笑みを浮かべた。

50周年を迎えた感想を聞かれると「誰だって長く生きていれば年をとる。たまたま音楽をやっていたせいで、こういうこと(=展覧会開催)になってしまった」と謙そんしつつも、創作意欲が衰えることはないようで「僕の人生は音楽に尽きる。音楽を聴いてほしいというのが一番。あと10年ぐらいはできますね。今、72歳なので、10年後は82歳です」と話した。