日テレNEWS
カルチャー
2022年4月8日 21:50

岡田准一、初の写真展 グループに対して熱い思い語る「V6として生きてきたことの誇り」

岡田准一、初の写真展 グループに対して熱い思い語る「V6として生きてきたことの誇り」
写真展を開催する岡田准一さん

俳優の岡田准一さん(41)が、2021年11月1日のライブで、26年のグループ活動に幕を下ろしたV6のメンバーを撮影した写真展『Guys 俺たち』を4月8日~21日まで開催。8日の記者会見に出席した岡田さんがグループへの思いを明かしました。

写真展は、解散する事が決まってからの2年間、岡田さんが常にカメラを持ち歩きシャッターを切り続け、撮りためた7000カットの中から厳選したということです。

写真展開催に向けて、自ら準備をしてきた岡田さんは、「打ち合わせもずっと重ねて、きのうも(会場の)施工まで一緒に(夜の)11時くらいまでやってました。照明とか表現に必要なことを打ち合わせて、(スタッフから)きっと『クレイジーだな』と思われたと思うんですよね」と、並々ならぬ思いで準備したといいます。

そして、展示会を見た感想を聞かれると、「『写真家デビュー』みたいな感じではなく、V6というグループが解散をして、解散をし終わった後に傷つくであろう、辛い思いをするであろうファンの皆さんにどういうことができるだろうと思っていたんですよ、メンバーで。解散を決めてからの2年間、解散した時、僕たちはどんな顔をしていたのかというのをファンの方に見てもらうということが、大事に受け止めながら前に進んでもらえる力になるんじゃないかなという気持ちで、やらせてもらっている展示会なので。『V6として最後の仕事』をしている感覚ですね」と、個人の活動ではなく、ファンのためのグループとしての活動であると強調しました。

また、写真撮影がメンバーとコミュニケーションをとる道具となったと話す岡田さん。メンバーの存在について聞かれると、「熟年夫婦って言ったら変ですけど。長くいすぎると言葉が不要になってきたり、気を使って物事が進んでいったり、うまくいくように変なこと言わなくなったりとか、関係性を含めてですけど。『最後の2年間、自分たちを探そうよ、もう一度自分たちを見つけようよ』っていうことも含めて、カメラを握りました。メンバーもすごいですよね。NGが無かったので、『岡田が撮った写真だったら』というので、NGがなかったので。ありがたいですね」とV6解散までのメンバー内に起こっていた思いを明かしました。

最後に記者から「V6という存在は、岡田さんの中で今後どうなっていくか」について聞かれた岡田さんは、「V6としていきたモノが、過去のモノとしてふたをしようとしないように、最後の2年間過ごしてきたんですよね。自分たちが新しいものを探したり、やりきったっていうことが、ふたをせずにV6として生きてきたことを誇りとして。『元V6です』って言われることが嫌じゃないというか、『元V6です』って堂々と言えるようにすることを目指して過ごしていたので。V6として生きてきましたっていう思いが根付いているものにはなっていますね」と、今後もV6という存在が根底に生き続けていくことを打ち明けました。