日テレNEWS
カルチャー
2020年10月2日 19:55

武田鉄矢、フルCGに感心「なかなかの…」

武田鉄矢、フルCGに感心「なかなかの…」
(c)NNN

俳優の武田鉄矢と濱田岳がこのほど、都内で行われた『東洋水産「赤いきつね緑のたぬき 新CM発表会」』に出席した。

新CMは赤いきつね軍大将の武田と、緑のたぬき軍大将の濱田が商品を口にすると甲冑(かっちゅう)姿にかわる内容。同商品のCMとしては、初めてフルCG(シネマチックCG)で制作された。
42年間にわたって「赤いきつね」のテレビCMに出演している武田は、フルCGで描かれた自身を見て「よくできておりますな。まさか自分がこの手の映像になるキャラクターだとは思っておりませんでしたから驚きましたけども、なかなかの出来栄えで心より感謝しております」と、しみじみ語った。

今年も「赤いきつね」と「緑のたぬき」のどちらが人気かを投票で決める「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」キャンペーンが実施される。
僅差ながら2年連続で「赤いきつね」が勝利しているため、武田は「赤いきつねとは長い付き合いですから、この戦いにおいては勝利をいつも収めておきたいですね」と心境を告白。濱田は「一度、戦いを挑んでしまった以上は勝つまではやめたくないのが正直なところなんですけど、データとしても、決して『赤』の背中が見えていないほどは離れていないので、今年は勝ちたいと思っております」と宣言した。

「GoToトラベルキャンペーン」にちなんで、「一番、行きたい場所」を聞かれると、武田は「故郷の福岡・博多ですね」と返答。「今年から始めるつもりですけど(自分の)墓地を探そうと思って。福岡のお墓に入りたいと思うもんですから、福岡の墓地を買って、前方後円墳にするっていうのが自分の夢です」と明かして笑いを誘った。