×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 北村匠海「声優という仕事は本当に職人技…」 アニメ映画『かがみの孤城』 アフレコ現場の様子を明かす

北村匠海「声優という仕事は本当に職人技…」 アニメ映画『かがみの孤城』 アフレコ現場の様子を明かす

2022年9月20日 21:45
北村匠海「声優という仕事は本当に職人技…」 アニメ映画『かがみの孤城』 アフレコ現場の様子を明かす
(C)2022『かがみの孤城』製作委員会
歌手で俳優の北村匠海さん(24)が、新作アニメ映画の声優を担当することが20日に発表され、アフレコ現場についてコメントを寄せました。

北村さんが声優を担当するのは、2018年に本屋大賞を史上最多得票で受賞した辻村深月さんのベストセラー小説が原作の『かがみの孤城』(12月23日公開)。学校での居場所をなくし、家に閉じこもる主人公の中学生・こころと、見ず知らずの中学生6人がある日突然“鏡の中の城”に招かれ、謎を明らかにしていくファンタジーミステリーです。北村さんは、サッカーが得意で誰にでもフラットに接する爽やかな少年・リオンを演じます。

■北村匠海、声優をリスペクト

これまで『HELLO WORLD』や『ぼくらの7日間戦争』などで声優を担当してきた北村さんは「声優という仕事は本当に職人技だなと、やるたびに思います。今回初めに監督から、『上手さを求めている訳ではない』と言われて肩がふっと軽くなったのを覚えています。」とコメント。

アフレコの様子については「細かな心情、アニメーションならではの呼吸感、空気感。台本を読み進めるのがすごく楽しくて、それでいて彼らの気持ちがすごくよくわかる。そんな作品でした」と感想を伝えました。

また今回、北村さんの他、宮﨑あおいさん、吉柳咲良さん、板垣李光人さん、横溝菜帆さん、高山みなみさん、梶裕貴さん、麻生久美子さんが声優として参加することも発表されました。