日テレNEWS
カルチャー
2021年3月31日 14:20

志村けんさん命日 菅田将暉が映画完成報告

志村けんさん命日 菅田将暉が映画完成報告
(c)NNN

俳優の菅田将暉さん(28)が、29日に行われた映画「キネマの神様」の完成報告会に登場しました。

本作は、“映画の神様”を信じ続けた主人公とその家族に起きる奇跡の物語。当初は、菅田将暉さんと志村けんさんのダブル主演で撮影が進んでいましたが、志村さんの訃報を受け、歌手の沢田研二さん(72)にバトンが受け継がれました。

新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村さんの命日にあたるこの日、山田洋次監督(89)は「衣装合わせも済ませて、本読みまでした後で主役が亡くなるということがあった。こんなことは僕も体験したことがなかったので、非常に混乱したというか、どうすればいいのかと。僕の長い映画人生の中で初めてだなと、しみじみ思います」と当時を回顧。「どうなるか不安もありましたが、最初、志村けんで考えていたのと全く違う、別の魅力のあるおじいさんを(沢田さんが)演じてくれた」と代役を務めた沢田さんに感謝しました。

若き日の主人公を演じた菅田さんは、完成した作品を見て「沢田さんはものすごくパワフルで、俺よりも動き回って大暴れしていて。撮影現場を一度見学させていただいたが、すごくチャーミング(に演じていた)」と印象を語りました。