×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 総再生回数3億越えのアーティスト、ビッケブランカとバカリズムが対談「曲作らなくていいから話にきて」

総再生回数3億越えのアーティスト、ビッケブランカとバカリズムが対談「曲作らなくていいから話にきて」

2022年3月22日 15:35
総再生回数3億越えのアーティスト、ビッケブランカとバカリズムが対談「曲作らなくていいから話にきて」
シンガー・ソングライターのビッケブランカさん

全楽曲の総再生回数が3億5000回以上と話題のシンガー・ソングライター、ビッケブランカさんが18日深夜放送の日本テレビ系音楽番組『バズリズム02』に出演。司会のバカリズムさんとトークを繰り広げ、自身のプライベートなど意外な素顔が明らかになりました。

ビッケブランカさんは2016年にメジャーデビュー。数多くのドラマやCMソングに起用。また人気アニメのオープニングソングとなった楽曲『Black Cather』は海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲で2年連続トップ10入りするなど国内外から熱い支持を受けるなど話題のアーティストです。

■ビッケブランカ “できあいのものが嫌い” 約50万円かけ作ったパソコンとは!?

スタジオではバカリズムさんと自身の素顔に迫るトークを展開。曲作りでは自作のパソコンを使用しているというビッケブランカさん。

「自分のパソコンが欲しくて、でも売ってるできあいのものって、“この機能別にいらないんですよねー”っていう、だったらもう自分で作ろう」と自身でパソコンを作ったきっかけについて語りました。また、こだわりについても曲を作るのに特化したメモリーを使うなど、50万円ほどかけて作成したといいます。

■“カギを忘れても閉め出されない” 自宅オートロックを開ける驚きの方法

そんなビッケブランカさんは、自宅のカギまでも自身のこだわりからカスタマイズ。なんとスマートフォンを使って、開けられるようにしてしまったといいます。

「鍵を持たずに(家を)出ちゃったら自分のマンションなのに入れない、そんなことって許されると思います?」とユニークなこだわりを熱弁。その結果、スマホに搭載された“人工知能の音声アシスタント機能”(Siri)を使い、呼びかけることでオートロックのドアを開けてくれるように装置をセットしたといいます。

するとバカリズムさんが「でも“Siri”とカギが連携とれてないとダメですもんね」と疑問を投げかけると「これ実践したい。どうしても実践したい」と言ってスマホを取り出すビッケブランカさん。

そして「Hey, Siri?」とに呼びかけると「Ok, done.」との反応が。すると「今、僕ん家のオートロック開いてます」と満足そうな表情で語りました。

「こうするとカギがなくても閉め出されるってことがなくなるんですよ」というビッケブランカさんに対し、「スマホ忘れちゃったらアウトですよね」と思わずツッコミを入れるバカリズムさん。

「おもしれー」「ちょっとまた別で来てくださいよ、曲出さなくていいからこの話にきてよ」とユニークなこだわりの数々に興味津々な様子を見せ、スタジオも大きな笑いに包まれました。