日テレNEWS
カルチャー
2021年6月1日 14:53

本田望結が歌手デビュー、作詞にも挑戦

本田望結が歌手デビュー、作詞にも挑戦
(c)NNN

俳優でフィギュアスケーターの本田望結さんが歌手デビューすることが分かりました。

17歳の等身大の恋心が切なく描かれたバラード『サクラクライ』を9日に配信リリースします。本田さんは淡く切ない恋心を透明感溢れる澄んだ声で歌い上げました。

もともと音楽が大好きだったと語る本田さんは、歌手デビューのきっかけについて、「“フィギュアスケートで、いつか自分で作った曲で滑りたいな”という夢があって、そうしたら、運命だったりご縁をいただけて」と説明しました。

同曲では作詞にも挑戦しています。「日頃、学校、お仕事、スケートのループの毎日を送っているんですけど、自分にもいつかキュンってなるようなことが起きたらいいな(と妄想した)」と歌詞に込めた思いを語りました。

レコーディングを「(現場へ向かう)新幹線の中で1回も瞬きしなかったかなっていうくらい不安で、ドキドキで3時間くらいのレコーディングだったんですけど、20分くらいに感じるくらいたくさんたくさん吸収することがあったし、あっという間に感じました」と振り返り、「皆さんの人生の1ページに、この『サクラクライ』という曲があることを願っています。聴いてくださった方がキュンってなるような歌を作りました。とても自信を持ってお届けできる曲です」と呼びかけました。