日テレNEWS
カルチャー
2021年8月14日 21:28

大島優子 結婚発表後初の公の場で照れ笑い

大島優子 結婚発表後初の公の場で照れ笑い
(c)NNN

子役の寺田心さんや女優の杉咲花さん、大沢たかおさんらが13日、都内で行われた映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の初日舞台挨拶に登場しました。

映画は、心さん演じる伝説の妖怪ハンターの血を継いだ少年・渡辺ケイが、妖怪たちと共に伝説の“大魔神”を復活させるべく大冒険を繰り広げる物語です。

今回初めて挑戦したことが多かった語る心さん。撮影を振り返り「CGの時とかは基本グリーンバックが多くて、アクションとかも殺陣の方が来て教えてくださったりとかして、すごく楽しかったし、男の子が一度は持つであろう、ヒーロー願望を叶えることが出来て楽しかったです!」と等身大の少年らしい笑顔でコメントしました。

また映画にちなみ『自分を妖怪に例えるなら?』というテーマでトークが行われ、作品で狸の妖怪・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)を演じた大沢さんは「僕は昔小学校の頃、キツネ、フォックスっていうあだ名で。目がすごく吊り上がっていたんですけど、なぜか年齢とともに下がってきて、ついに今回狸の役いただいて、すごい嬉しいような悲しいような…本当はキツネがやりたかった」と語りました。

大沢さんの配役について三池崇史監督は「違う映画で腹筋がバキバキに鍛えられてて、今回CG費を節約するために、(隠神刑部が)ボンっておなか出すんですけど、CGじゃないですからね!出るんです、やれるんです。『すげーな役者』って関心しました」と理由について明かしました。

さらに俳優の林遣都さんとの結婚を発表した大島優子さんは『ダンシング妖怪』と回答。大島さんは「音楽が鳴っているとどんな時でも勝手に踊っちゃうので。今回演じた雪女役は、動きを少しダンスっぽくしているんです。それが凄く心地よくて。動きは三池監督に提案させていただきました」とコメント。

そんな大島さんを雪女にした決め手について聞かれた三池監督は「決め手というかね…俺はね、林遣都になりたい。おめでとうございます」と祝福のコメントを送りました。