日テレNEWS
カルチャー
2022年5月12日 22:20

関根勤 68歳「やめたほうがいいと言われたらやめます」 運転免許返納の“覚悟”語る

関根勤 68歳「やめたほうがいいと言われたらやめます」 運転免許返納の“覚悟”語る
イベントに登場した父・関根勤さんと娘・麻里さん

タレントの関根勤さん(68)、関根麻里さん(37)親子が12日、電動車いすのPRイベントに登場し、68歳の勤さんが、自身の運転免許証の返納についての“覚悟”を明かしました。

■運転免許返納の“覚悟”語る

運転免許返納に関しては、決して人ごとではないと話す68歳の勤さんは、運転免許返納の時期について聞かれると、「何歳までという具体的な年齢は決めてないんですけど、僕が運転しているところを、横で家族が見ておりますので、家族に『もうやめたほうがいい』と言われたらやめます」と宣言。麻里さんは「家族で既に話し合っているので、そのときが来たら、家族会議を開いて話し合いたいと思います」と明かしました。

■娘・麻里さんから父・勤さんへのサプライズ

関根さん親子が出席したのは次世代型電動車いす『WHILL』のPRイベント。免許返納後の高齢者の移動手段のひとつです。イベントでは、麻里さんから父・勤さんへ電動車いすをサプライズでプレゼント。勤さんは、「娘がちゃんと育ってくれたな(笑)」と喜びました。さらに麻里さんは、父とのドライブの思い出と感謝を伝える“運転感謝状”を贈呈。

麻里さんは「お父さんへ。いつもいろいろなところに連れて行ってくれてありがとう。(愛犬だった)ライルと一緒にお台場に、おでかけしたことが楽しい思い出です。これからもよろしくね」と感謝の言葉を贈ると、勤さんは「テレちゃって、結婚式で父への言葉で(麻里は)ふざけて変なこと言ってたから・・・今日はちゃんと感謝して頂いてうれしいです」と笑顔で話しました。