日テレNEWS
経済
2015年1月29日 11:56

民事再生法を申請 スカイマークが会見

民事再生法を申請 スカイマークが会見
(c)NNN

 国内3位の航空会社スカイマークが、民事再生法の適用を申請したことについて有森新社長らが29日朝、記者会見を行い謝罪した。

 西久保前社長の退任に伴い、社長に就任した有森氏は「多大なご迷惑をおかけし心よりおわび申し上げます」と謝罪した上で、「運航が停止することはない」「コスト削減を推進し再建策を実現する」と強調した。また、経営再建のため全日本空輸と日本航空に要請していた共同運航については、「前向きにお願いしたい」と述べた。

 スカイマークの負債総額は約710億円。円安の影響や格安航空会社との競争の激化で収益が悪化していた上、ヨーロッパの航空機メーカーエアバス社の旅客機「A380」の購入をキャンセルしたことなどから巨額の違約金を求められており、資金繰りが悪化していた。