日テレNEWS
経済
2022年1月27日 21:49

3社連合 電気自動車の開発に約3兆円投資

3社連合 電気自動車の開発に約3兆円投資

各国で自動車の電動化が急速に進む中、日産自動車・三菱自動車、フランスのルノーの3社連合は、電気自動車などの開発に対し、今後5年間で約3兆円を投資すると発表しました。

日産・三菱自動車・ルノーの3社連合が今回発表したのは、バッテリーなど電気自動車に必要な電動化技術の開発に、今後5年間でおよそ3兆円を投資する計画です。

計画では、2030年までに3社あわせて35種類の新型モデルを投入するとしています。

電気自動車は、一度の充電で長い距離を走ることができる次世代のバッテリーの開発が不可欠です。

今回の計画では、日産が28年度までに実用化をめざす次世代のバッテリー「全固体電池」を3社で共同活用することにより、コストを削減して競争力を高める狙いがあります。