×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 新生活の準備にも“物価高”…家電はセール品・旧型で出費抑える 大学で“中古品”イベントも

新生活の準備にも“物価高”…家電はセール品・旧型で出費抑える 大学で“中古品”イベントも

2023年3月30日 21:09
新生活の準備にも“物価高”…家電はセール品・旧型で出費抑える 大学で“中古品”イベントも

物価高が新生活の準備にも影響が出ています。都内の家電量販店では、この春、大学生に進学する女性が、出費を抑えようとセール中の家電を選んでいました。こうした中、埼玉県の大学では31日から、卒業生のいらなくなった家電や家具などを集めて、新入生らに無料で譲るイベントが開かれるということです。

   ◇

まもなく始まる新生活。この春、大学生になる女性が不安に思っていたのは――

新大学生(18)
「電気代(高騰)が少し心配だったので、(新居を)電気代込みのところ、マンションに契約させていただいて」

物価高が新生活の準備にも直撃。値上げの波をどう乗り切るか、頭を抱えている人が多くいました。

この春に新大学生になる娘を持つ父親
「何回も買わなくて済むように、(節約のため)しっかり考えて」

新大学生(18)
「ほんとに自分の欲しいものを一つ決めて、長く使っていけるようにしています」

新生活で、新たに買いそろえるものの代表格といえば、やはり家電です。都内の家電量販店では――

ヤマダデンキ テックランド ビバホーム八王子多摩美大前店 奥真徳店長
「『物価高に挑戦』というキャッチフレーズでやっていて、家計を少しでもお助けできるようにセールを行っています」

セールが開催される中、買い物をしていたのは、今年の春、福岡から上京し、大学に入学する女性でした。

新大学生(20)
「値段が今、物価高ですごい高いですし、選ぶのにちょっと時間かかりますね」

悩んだ末、洗濯機と冷蔵庫、電子レンジを購入しました。物価高の中、少しでも家電の出費を抑えようと、セール中で安くなっていたものを購入しました。

新大学生(20)
「安く買えることできました」

ヤマダデンキでは、今、売れ筋に変化が出てきているといいます。

ヤマダデンキ テックランド ビバホーム八王子多摩美大前店 奥真徳店長
「一つ前のモデルでも、機能が十分ということでご成約いただく方が多い」

例年4月は、各メーカーが新型モデルを発表する時期で、新作が売れる傾向が強いといいます。ただ、今年は少しでも安いものを買い求める人が増加。新型の冷蔵庫の場合、30万円ほどするものも、旧型モデルなら約5万円安く買えるため、旧型がよく売れているといいます。

   ◇

止まらない物価高で注目されているのが「中古品」です。埼玉県の日本工業大学・埼玉キャンパスには、いくつもの洗濯機や冷蔵庫などの中古品がずらっと並んでいました。中古品の数は140点ほど。実は、31日から“あるイベント”が開催されるといいます。

日本工業大学・学生環境推進委員会 赤澤颯さん(19)
「4年生が使ったものをそのままゴミに出さないで、新入生に渡すという意図で集めて」

環境活動を行う現役大学生の団体が、卒業生のいらなくなった家電や家具などを集めて、新入生らに無料で譲るイベントが開かれるといいます。

私たちは、この取り組みを行う委員会のメンバーで、去年、自身も先輩から家電を譲ってもらったという大学生を訪ねました。

一人暮らしをする大学生 小島悠平さん(19)
「こちらの炊飯器と冷蔵庫が、大学のリサイクルショップでいただいたもの。炊飯器と冷蔵庫は非常に高価なものなので、そういったものいただけるのは非常に助かりました」

この取り組みは、中古品の引き取りや掃除、配達まで学生たちが無料で行います。新入生の経済的負担を減らすことや、廃棄される家電削減などの狙いがあるということです。