×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 米1~3月期GDP 7四半期ぶりのマイナス成長 貿易赤字拡大が主要因か

米1~3月期GDP 7四半期ぶりのマイナス成長 貿易赤字拡大が主要因か

2022年4月29日 2:42

アメリカの今年1月から3月期のGDP(=国内総生産)の速報値が28日、発表されました。年率換算で前期比マイナス1.4%となり、7四半期ぶりのマイナス成長に転じました。

アメリカ商務省によりますと、今年1月から3月期のGDPは年率換算で前期比マイナス1.4%で、新型コロナウイルスの感染拡大直後の2020年4月から6月期以来、7四半期ぶりのマイナス成長となっています。

輸入が急増して貿易赤字が拡大したことが、マイナス成長の主な要因とみられています。

アメリカでは、約40年ぶりの高水準となっているインフレが続くものの、個人消費は堅調で、供給不足を補うために輸入が急増しています。