日テレNEWS
国際
2010年3月17日 13:47

ホンダ 北米で販売の45万台をリコール

 自動車大手「ホンダ」は16日、ブレーキの不具合が生じる可能性があるとして、アメリカやカナダなどの海外で販売したミニバンなど約45万3000台のリコールを発表した。

 リコールの対象となるのは、ホンダが北米などで販売した07年型と08年型の「オデッセイ」約38万台と「エレメント」約7万台の合計約45万3000台。すべてアメリカで生産されたもので、日本で販売されたものは対象ではない。

 アメリカのホンダは、これらの車は油圧式ブレーキの管に気泡が入りこみ、「ブレーキのあそび」が大きくなる可能性があるとしている。アメリカの高速道路交通安全局には、この不具合が原因とみられる軽傷事故がこれまでに3件報告されているという。対象車の修理は、来月19日以降に行われる予定。