日テレNEWS
国際
2010年12月5日 8:52

麻薬密売組織メンバー殺害 14歳少年拘束

 メキシコで、麻薬密売組織のメンバーを殺害した容疑で14歳の少年が拘束された。

 ロイター通信によると、「エル・ポンチス」という名で知られるこの少年は、メキシコシティー郊外の空港で、姉妹2人と共にアメリカに向かう飛行機に乗ろうとしていたところをメキシコ軍に拘束された。少年は麻薬組織に加わり、敵対する組織のメンバー4人を拷問し、殺害した疑いが持たれている。

 少年はメディアのインタビューで、11歳の時に麻薬組織に拉致され、殺害を強要されたと明らかにした。また、1件の殺人で約20万円の報酬を得ていたという。

 少年と姉妹は義理の母親を訪ね、アメリカ・カリフォルニア州に向かうところだった。少年は「アメリカで人生を変えたかった」と話しているという。