×

大統領ら死亡のヘリ墜落事故 イラン軍が初の報告書、機体残骸に“銃弾”の跡なし

2024年5月24日 14:51

イランのライシ大統領らが死亡したヘリコプター墜落事故についてイラン軍は23日、原因に関する報告書を初めて発表しました。機体残骸に銃弾などの跡はなかったとしています。

イラン北西部で19日に起きたヘリコプターの墜落事故では、ライシ大統領やアブドラヒアン外相など乗っていた8人全員が死亡しました。

イランメディアによりますと、軍の参謀本部は23日、事故後初めてとなる調査報告書を発表し、ヘリは計画されたルートを飛行中に山間部に墜落して炎上したとしています。

また、機体の残骸に銃弾などの跡はなかったとしていて、墜落前に行われた地上管制官との交信にも不審な内容はなかったとしています。

事故当時、現場周辺は濃い霧など悪天候に見舞われていたと伝えられていて、同行していたヘリに乗っていた側近は「雲を避けるために上昇したら大統領のヘリだけが見えなくなった」などと証言していました。

軍は、今後も調査を続けるとしています。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • 大統領ら死亡のヘリ墜落事故 イラン軍が初の報告書、機体残骸に“銃弾”の跡なし