×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • “中絶の権利”判決から50年 「命を守れ」米・ワシントンで中絶反対派が規制強化訴え大規模集会

“中絶の権利”判決から50年 「命を守れ」米・ワシントンで中絶反対派が規制強化訴え大規模集会

2023年1月21日 15:47

アメリカで人工妊娠中絶の権利を認めた最高裁の判決から今月で50年となるのにあわせ、中絶反対派が20日、首都ワシントンで大規模な集会を開き、中絶への規制を強化するよう訴えました。

人工妊娠中絶をめぐっては、最高裁が去年6月、中絶の権利を認めた50年前の判断を覆しました。

アメリカメディアによりますと、現在少なくとも12の州で原則として中絶が禁止され、中絶に反対する野党・共和党が知事の州を中心に、規制を強化する動きが強まっています。

集会の参加者らは、「命を守れ」などと声をあげながら、最高裁に向けてワシントン市内を行進しました。

中絶反対派の女性「一部の州だけでなく、全米で中絶を禁止してほしい」

一方、バイデン大統領は20日、去年の最高裁の判断を改めて批判する声明を出し、議会に対し、中絶の権利を認めることを法制化するよう求めています。