×

トランプ氏から「不正認めるよう繰り返し圧力受けていた」司法省元幹部らが証言

2022年6月24日 13:52
トランプ氏から「不正認めるよう繰り返し圧力受けていた」司法省元幹部らが証言

2020年のアメリカ大統領選挙の後、当時のトランプ大統領の訴えを受けて捜査を行った司法省の元幹部らが、不正を認めるようトランプ氏から繰り返し圧力を受けていたと証言しました。

司法省の元幹部らは23日、議事堂占拠事件をめぐる議会の公聴会に出席しました。

この中で、元幹部らは「大統領選挙に不正はなかった」と捜査の結果を報告したにもかかわらず、トランプ氏は執ように、大規模な不正があったと認めるよう、迫ってきたと証言しました。

司法省元幹部「トランプ氏は『君は選挙は腐敗していた、とだけ言い、あとは私と(同調する)共和党の議員に任せればいい』と言った」

また、トランプ氏が不正を認めようとしない当時の司法長官代行を更迭し、自身に忠実な別の職員と交代させようとしたものの、「司法省の職員の多くが辞職するだろう」などと反対され、思いとどまったとも証言しました。

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • トランプ氏から「不正認めるよう繰り返し圧力受けていた」司法省元幹部らが証言