日テレNEWS
国際
2012年8月24日 8:20

親書めぐる日韓の応酬、米国務省「不愉快」

 野田首相の親書をめぐる日本と韓国のやりとりについて、アメリカ国務省は23日、記者会見で不快感を示した。

 国務省・ヌーランド報道官は「日本も韓国もアメリカにとって重要な同盟国。両国のこうした論争は我々にとって不愉快だ」と述べた上で、日韓両国に対して「どうか対話を通じて、平和的に問題を解決してもらいたい」と訴えた。

 また、島根・竹島の問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴するという日本政府の方針については、「それについて、アメリカが特定の立場を取ることはない」と述べるにとどまった。