日テレNEWS
国際
2022年7月22日 3:24

CIA長官「中国は台湾侵攻に“圧倒的戦力必要”と教訓を得た」

アメリカのCIA(=中央情報局)のバーンズ長官は20日、中国はロシアのウクライナ侵攻を教訓に、台湾侵攻の際には「圧倒的な戦力」が必要だと考えていると指摘しました。

バーンズ長官は安全保障に関するイベントで発言し、ウクライナに侵攻したロシア軍が想定以上の抵抗に直面していることも踏まえて、中国は、台湾侵攻の際には「圧倒的な戦力」が必要だとの教訓を得ていると指摘しました。

バーンズ長官「中国の指導部と軍は、台湾に武力侵攻するのであれば、 圧倒的戦力を投入しなければならないという教訓を得たと思う」

また、バーンズ長官は、中国はロシアの戦いを見て、情報戦を制することや、制裁に備えて経済を強化する重要性を教訓として得ているとも指摘しました。