日テレNEWS
国際
2015年6月9日 7:24

NYダウ 終値1万7766ドル55セント

NYダウ 終値1万7766ドル55セント
(c)NNN

 8日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、アメリカの雇用統計の改善などを受けて年内にも利上げが実施されるとの見方が広がり、ダウ平均株価は値を下げた。

 8日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価は先週末比82ドル91セント安の1万7766ドル55セントで取引を終えた。またハイテク株が中心のナスダック総合指数は46.83ポイント下げ5021.63だった。

 先週発表された雇用統計など、このところアメリカで好調な経済指標が相次いでいることで年内にも利上げが実施されるとの見方が広がり、8日は朝から売りが先行した。また、ギリシャの支援をめぐり不透明感が広がり、ヨーロッパの株式相場が下落したことで投資家の間に警戒感が生まれ、売りにつながった。その結果、ダウ平均株価は80ドル以上値を下げて取引を終えた。