日テレNEWS
国際
2015年9月11日 14:32

「イスラム国」が2人拘束、身代金を要求

「イスラム国」が2人拘束、身代金を要求
(c)NNN

 過激派組織「イスラム国」は、ノルウェー人と中国人とされる男性を拘束したとして、インターネット上に写真を公開し、身代金を支払うよう要求した。

 「イスラム国」の機関誌「ダービク」の最新号には、48歳のノルウェー人と、50歳の中国人とされる男性2人の写真が掲載されている。そして写真の下には「売り出し中」とのタイトルがついている。説明文には2人は「政府に見捨てられた」とあり、身代金を支払う場合の連絡先も記されている。

 これを受けてノルウェーのソルベルグ首相は9日、40歳代のノルウェー人男性が今年1月にシリアで拘束され、複数回にわたり多額の身代金を要求されたことを認めた。その上で、「テロリストからの圧力には屈しない」として身代金の支払いには応じない考えを強調した。

 一方、中国政府は、「情報を確認中だ」としている。