日テレNEWS
国際
2015年10月25日 2:25

“過去最大級”のハリケーン 熱帯低気圧に

“過去最大級”のハリケーン 熱帯低気圧に
(c)NNN

 一時は「過去最大級」の強さと言われたハリケーンがメキシコに上陸した。勢力は急速に弱まり、熱帯低気圧に変わったが、依然、警戒が続いている。

 アメリカの気象当局によると、大型のハリケーン「パトリシア」は日本時間24日午前8時すぎ、メキシコ中部のハリスコ州に上陸し、北東に進んでいる。上陸時の最大風速は75メートルだったが、その後、勢力は急速に弱まり、日本時間25日午前0時現在で、風速15メートルとなっている。また、一時は最も強いカテゴリー「5」だったが、現在は熱帯低気圧に変わり、メキシコ政府は、3つの州に出していた非常事態宣言を解除した。

 ケガ人の情報はないが、週末にかけてアメリカのテキサス州でも大雨による洪水や地滑りが起きるおそれがあり、気象当局が警戒を呼びかけている。