日テレNEWS
国際
2016年10月1日 1:22

EU、温暖化対策「パリ協定」批准で一致

EU、温暖化対策「パリ協定」批准で一致
(c)NNN

 EU(=ヨーロッパ連合)は30日、環境相会合を開き、2020年以降の地球温暖化対策に取り組む世界的な合意「パリ協定」について、加盟国の批准よりも先にEUとして批准することで一致した。

 パリ協定では、将来的な温度上昇を産業革命前に比べて2℃に抑えることなどを目標としている。30日の環境相会合でEUは、批准の手続きを加速させることで合意し、すべての加盟国の批准手続きが完了する前に、特別に先にEUとして批准することで一致した。

 来月上旬にEUが批准すれば、11月に開かれる地球温暖化対策会合(=COP22)までにパリ協定が発効する見通し。

 温室効果ガスの2大排出国、アメリカと中国は、すでに9月に批准を終えている。

 一方で日本はまだ批准できておらず、大幅に遅れれば、国際社会の信頼を損なう可能性も指摘されている。