日テレNEWS
国際
2018年8月1日 23:47

メキシコ旅客機墜落 突風が原因か

メキシコ北部で先月31日に起きたアエロメヒコ航空機の墜落事故について、州知事は突風が原因との見方を示した。

この事故は乗客・乗員103人を乗せたアエロメヒコ航空の国内線旅客機が先月31日、悪天候の中、離陸直後に墜落し炎上したもの。ロイター通信によると、この事故により85人がケガをしたが、死者はいないという。

事故現場となったドゥランゴ州の知事は31日会見で墜落の原因について、突風によって機体が急降下し、翼が地面と接触したと述べた。また、地面と水平に墜落したことで避難用の非常口を使うことができ、乗客らは火災が発生する前に脱出することができたという。