日テレNEWS
国際
2018年11月10日 18:51

トランプ氏、ロス商務長官の年内更迭を検討

アメリカ・トランプ大統領が知日派の商務省トップのロス長官の年内の更迭を検討していると、CNBCが9日、報じた。

アメリカ商務省は、トランプ政権が日本などに対して発動した鉄鋼・アルミへの追加関税を担当している。ロス商務長官は知日派として知られているが、政権の強硬な通商外交を支持し、現在、日本を含む外国からの自動車の輸入制限について検討を進めている。

こうした中、CNBCは9日、トランプ大統領が年末までにロス長官を交代させたいと周囲に話したと報じた。後任にはトランプ大統領の長年の友人でプロレス団体(WWE)のCEOだったリンダ・マクマホン中小企業庁長官の名前が挙がっているという。

更迭の理由について、政治サイト「ザ・ヒル」は、このところトランプ大統領はロス長官を嫌っていて、80歳という年齢をあざけり、気迫がないと批判したと伝えている。