日テレNEWS
国際
2019年4月16日 17:23

ノートルダム大聖堂 過失による出火で捜査

フランス・パリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生し、建物の一部が崩落するなどの被害がでている。夜が明けた現場から中継で伝える。

火災は、日本時間16日午前2時ごろに発生し、大聖堂の天井がほぼ焼け落ちたほか、屋根の中央部分に立っていた塔が倒れた。火はすでに消し止められたが、消防士1人と警察官2人が軽いケガをした。

火災の原因について、フランスメディアは、当時行われていた修復作業の現場から火が出た跡が見つかったとして、捜査当局が「過失による出火」の疑いで捜査を始めたと伝えている。

消防は、大聖堂のシンボルである2つの塔をはじめ、主な部分を取り壊さずに維持できるという見通しを発表している。また、修復作業に伴い、事前にいくつかの彫刻は運び出されていて無事だった。火災発生当時も消防や警察などが主な美術品を火の中から運び出したという。

また、地元メディアによると、ファッションブランドの「ルイ・ヴィトン」が、日本円でおよそ250億円の寄付を表明するなど、復旧に向けた動きが始まっている。