日テレNEWS
国際
2022年2月11日 14:16

ROCワリエワ選手がドーピング検査陽性 五輪への出場停止はすでに解除

北京冬季オリンピックのフィギュアスケート団体で、金メダルを獲得したロシアオリンピック委員会のカミラ・ワリエワ選手について、ドーピング検査を管轄する国際検査機関は去年12月のドーピング検査で陽性反応を示していたことを明らかにしました。

フィギュアスケート団体ではROC=ロシアオリンピック委員会が金メダルを獲得していましたが、ドーピング検査を管轄する国際検査機関=ITAは声明を発表し、カミラ・ワリエワ選手について去年12月に採取されたドーピング検査の検体から禁止薬物のトリメタジジンが検出されていたということです。

ただ、ワリエワ選手側から異議申し立てがあり、北京オリンピックの暫定的な出場停止処分はすでに解除されたとしています。

ワリエワ選手は11日、練習場に姿を見せ、15日から始まる個人戦に向けた練習を行っています。