日テレNEWS
国際
2019年8月22日 18:26

韓国政府 GSOMIA破棄を発表

日本と韓国が軍事機密を共有するため結んだ協定(=GSOMIA)について、韓国の大統領府は22日午後、協定を延長せず、破棄する決定を行ったと発表した。

韓国の大統領府は22日午後、NSC(=国家安全保障会議)の常任委員会を開き、GSOMIAについて協議を行った。その上で22日午後、韓国の大統領府は、GSOMIAについて延長せず、破棄すると発表した。

GSOMIAをめぐっては、安全保障上、必要で、継続すべきとの意見が根強くあったものの、日本の輸出管理強化措置をうけて、韓国国内で「日本側への対抗カードとして破棄すべきだ」との声が高まっていた。

また、21日に韓国の国防相が北朝鮮がミサイルなどを発射した今月6日と10日、16日と少なくとも3回、日本側と情報交換を行ったと明らかにしているが、今後、こうした北朝鮮をめぐる情報もスムーズに共有されない可能性がある。

日本側は一貫してGSOMIAの継続を呼びかけていただけに、日韓の亀裂がさらに深まることは避けられない情勢。