×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ウクライナ軍“非難”の報告書めぐり国際人権団体がウクライナ側に「深い遺憾の意」

ウクライナ軍“非難”の報告書めぐり国際人権団体がウクライナ側に「深い遺憾の意」

2022年8月8日 22:28

ウクライナ軍が国際人道法に違反していると非難した報告書をめぐり、国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは7日、ウクライナ側に苦痛と怒りをもたらしたとして、「深い遺憾の意」を表明しました。

アムネスティ・インターナショナルは、4日に公表した報告書で、ロシアによる侵攻に反撃するウクライナ軍が学校や病院を含む住宅地で基地を設置するなど、「一般市民を危険にさらしている」として国際人道法に違反するとウクライナ側を非難していました。

これに対し、ウクライナのゼレンスキー大統領が「テロ国家に恩赦を与え、被害者に責任を負わせようとしている」などと強く反発していました。

こうした事態を受け、アムネスティ・インターナショナルは7日、「報告書がウクライナ側に苦痛と怒りをもたらした」として、「深い遺憾の意」を表明する声明文を発表しました。声明文では、「民間人の確実な保護が唯一の目的だった」とウクライナ側に理解を求めました。

さらに、「ロシア軍による行為についてウクライナ軍に責任を負わせるということでも、 ウクライナ軍が国内の他の場所で十分な予防措置をとっていないということでもない」と説明した上で、ウクライナ側に国際人道義務を順守するよう改めて求めました。