日テレNEWS
国際
2019年11月23日 23:03

ローマ教皇来日 高校生らが歓迎式

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が23日に来日し、高校生らによる歓迎式が行われた。ローマ教皇の来日は38年ぶり。

フランシスコ教皇は、午後5時半すぎに羽田空港に到着し、悪天候の中、しっかりした足取りでタラップを下りた。

麻生財務相や教会関係者らの出迎えを受け、ひとりひとりと握手しながら挨拶を交わした。

空港では、日本とバチカンの国旗を持った高校生およそ70人が歓迎し、フランシスコ教皇が笑顔で手を振る場面も見られた。

教皇は、26日まで日本に滞在する予定で、24日は被爆地である長崎と広島を訪れ、核兵器廃絶に向けたメッセージを訴える。

高校生平和大使の出迎えを受けるほか、被爆直後の長崎を撮影したアメリカ人カメラマンの遺族とも対面することになっている。