日テレNEWS
国際
2020年4月2日 8:52

米空母 乗組員93人 新型コロナに感染

アメリカ海軍は1日、空母「セオドア・ルーズベルト」の乗組員93人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにし、さらなる感染を防ぐため乗組員2700人をグアムで下船させる方針を示しました。

船内感染が続くアメリカ海軍の空母「セオドア・ルーズベルト」は、現在、太平洋にあるグアムの港に停泊しています。海軍は先週、乗組員3人の感染を発表していましたが、1日になって、感染者が93人に増えたと明らかにしました。

これを受け、空母の機能維持のため全員を下船させることはできないとしながらも、数日以内に乗組員およそ4800人のうち感染者全員を含む2700人を下船させると発表しました。順次、軍の施設やホテルなどで隔離する方針です。

今回の対応をめぐっては、空母の艦長が軍の上層部に対し、「我々は戦争中ではなく乗組員が死ぬ必要はない」などと、下船許可を求める異例の書簡を提出していたと報じられていました。