日テレNEWS
国際
2022年6月28日 12:08

ロシア軍ミサイルがショッピングセンターに着弾 16人死亡 ゼレンスキー大統領が強く非難

ウクライナ中部の都市クレメンチュクで27日、ロシア軍のミサイルがショッピングセンターに着弾し、多くの死傷者が出ています。

黒煙とともに炎に包まれる建物。攻撃を受けたのはウクライナ中部ポルタワ州の都市クレメンチュクにあるショッピングセンターです。

ウクライナ非常事態庁によりますと16人が死亡、59人がケガをしており、そのうち25人は入院しているということです。

またゼレンスキー大統領は当時およそ1000人の買い物客がいたとして、ロシアを強く非難しました。

ゼレンスキー大統領「ショッピングセンターでおこなった攻撃は、ヨーロッパの歴史上最も反抗的なテロ攻撃の1つだ」

地元メディアは石油精製施設を狙ったミサイルが誤ってショッピングセンターに着弾したとの見方を示しています。

アメリカの戦争研究所は「このように民間人に大きな被害を引き起こす攻撃は恐らく拡大する」との見方を示しています。

また地元警察によりますと北東部のハルキウの小学校などもロシア軍の激しいミサイル攻撃を受け、5人が死亡、こども5人を含む31人がケガをしたということです。