×

ロシア関係ハッカー集団、ウクライナ標的に計237以上もの作戦~米マイクロソフト報告書

2022年4月28日 9:28

アメリカのIT大手マイクロソフトは、ロシアに関係するハッカー集団が、ウクライナを標的として計237以上もの作戦を行っていたことを確認したとする報告書を公開しました。

マイクロソフトが27日に公開した報告書によりますと、ウクライナを標的としたサイバー攻撃をともなう作戦には、ロシアに関係する少なくとも6つのハッカー集団が関係し、軍事侵攻前の去年12月から始まり、今年3月までに237件以上確認されたということです。

ロシアの軍事作戦と連動したものもあり、ウクライナの首都キーウのテレビ塔が攻撃を受けた先月1日には主要な放送局に対してのサイバー攻撃が始まったほか、ロシア軍による原子力発電所の占拠で放射性物質の放出の懸念が高まっていた先月13日には原子力機関のデータを盗み取ったということです。

ウクライナ政府や行政機関を狙った破壊的なサイバー攻撃も37件確認されていて、マイクロソフトは監視を続けるとともにウクライナと連携し、必要な対策を講じていくとしています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ロシア関係ハッカー集団、ウクライナ標的に計237以上もの作戦~米マイクロソフト報告書